東中野の住民税について

住民税はより厳密に言えば、東中野に居住していれば中野区なので特別区民税均等割額、都民区民税額及び所得割額を合算したものが1年間で計算され、それを月割りで納税していく形になります。この地に1月に居住していればその年分はこの中野区から課税されます。なお、26年度分からは東日本大震災復興に当てる費用で500円程度上乗せされる模様です。所得割額はどこに居住していても関係なく前年の所得に応じて計算されるので変わることはありません。こうした税金は、企業などに勤務していればそこから支給される給料から天引きされますので、それほど考える必要はありません。ただし、無職者などはもしアルバイトなどしていれば確定申告すれば問題がないのですが、もし何も働いていなかった場合つまり所得がなかった場合は、税務署に申告しようがないので税務署ではなく市町村の課税部門に申告をする必要があります。申告時期は確定申告時期と同じ時期です。